So-net無料ブログ作成

パレスホテルの高層化に宮内庁が反対するという話 [天皇関係雑感]

本日の読売新聞の記事。すぐに消えるので貼っておきます。

パレスホテル高層化案に変更要請、宮内庁が皇居内眺望に配慮

5月9日14時43分配信 読売新聞

 皇居わきに立つパレスホテル(東京都千代田区)が、現在の地上10階から23階建てへの建て替えを予定していることがわかり、宮内庁が計画の変更を要請している。

 皇居内にある宮内庁病院の窓が客室から見えるようになるためで、同庁は「天皇陛下や皇族方も入院されるだけに、プライバシー保護への高度な配慮が求められる」と訴えている。

 パレスホテル側が同庁などに示した計画によると、建て替えにより、同ホテルの高さは現在の約30メートルから約100メートルになる見込み。

 来春から工事を始め、2011年秋に完成、12年春に営業を再開する予定だ。

 同ホテルと宮内庁病院との距離は約200メートル。病院の2階には皇室専用の御料病室が2部屋あり、最近では01年11月に皇太子妃雅子さまが愛子さま出産のため、02年12月に天皇陛下が前立腺の組織検査のため、昨年6月に三笠宮寛仁さまがアルコール依存症治療のために入院されている。

 今はホテルの最上階に立っても樹木に遮られて病院の屋根付近しか見えないが、建て替え後は、高層階のバルコニーから御料病室の窓が見えるようになるという。

 宮内庁が昨年末以降、計画変更を再三申し入れてきたのに対し、ホテル側は「10階以上のバルコニーに特殊なスモークガラスを使ったスクリーンを設けて、病院の方向が見づらくなるよう配慮する」などと回答。しかし、同庁は「ホテルからのぞかれかねないという意識は消えない」と反発、病院の近くに両陛下が使用されるテニスコートもあることから、「警備上の問題も生じる」としている。

 パレスホテル広報室は「まだ計画を公表できる段階ではなく、コメントを控えたい」と話している。

最終更新:5月9日15時2分

こういった話を聞くとすぐに思い出すのが、猪瀬直樹の『ミカドの肖像』である。
この本の冒頭に、丸の内にある東京海上ビルの高さがなぜ「99.7m」なのかという話が載っていて、これが非常におもしろい話なのだ。
久しぶりにその部分だけ読み返してみたが、やはり猪瀬直樹の切れ味は抜群だなあと思う。

東京海上ビルは丸の内に初めて建った高層ビルである。それまでは今は無き丸ビルと新丸ビルの高さ(百尺、約31m)に建物と高さが揃えられていた。
東京海上はこのビルを建てるときに、ヘリを300mの高さまで飛ばして、皇居の中がどこまで見えるかの実験をした。
そして宮内庁に行って高層化しても皇居内は見えないから大丈夫だと話をしてOKをもらい、さらに右翼の児玉誉士夫の所にお伺いをたてに行ってOKをもらってきた。
そして128mのビルを建てることにしたのだが、ところがなかなか先に進まなかった。
猪瀬によれば、東京都、三菱地所、佐藤栄作首相などなどが、なんだかあいまいな理由で計画を先延ばしにしていくように動いていたようである。(佐藤栄作などは「高いのは嫌いだ!」という理由だったという。)
これを猪瀬は「天皇をめぐる不可視の禁忌」に触れた出来事だという書き方をした。

結局オチとしては、100m以下にするという話になって、「30cm」だけ高さを下げた99.7mになったというのである。
さらにその根拠として猪瀬が一つの噂を紹介していて、「皇居の御文庫から仰角4.5度で引っ張った線以下ならよい」という話であの高さになったというのだ。

皇室をめぐる一つの空気のようなタブーを、これほど鮮やかに浮かびあがらした本は、他には余り記憶がない。

さて、今回の話は宮内庁自体が抗議をしているという所に、東京海上の時とは違う事情がある。
しかも、宮内庁が言っているのは、数年に1回しか入院しない皇族のために高さを下げろと言っているわけだ。
よくマンションが建つときに、日照権やプライバシー権などを主張するものとは次元が同じとは言いがたい。
パレスホテルがきちんと対応するのであれば、別に構わないのではないのかと私などは思う。
それにパレスホテルは法的に問題行為をしているわけではないのだ。

それに、「本当に見えるのか」宮内庁は調べたのだろうか。
どの高さで、どのくらい見えるのか、実測しているのだろうか。
なんだか、「高いから嫌だ」という佐藤栄作と同レベルで話をしていないかがものすごく気になる。

どういう決着が付くのかに注目してみたいと思う。

ミカドの肖像 (小学館文庫)

ミカドの肖像 (小学館文庫)

  • 作者: 猪瀬 直樹
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。